日航株保有の岡山県、含み損1億4500万(読売新聞)

 岡山県が日本航空の株式約45万8000株を保有し、株価急落の影響で約1億4500万円の含み損を抱えていることがわかった。

 県によると、1956年から87年にかけて、「公共性のある航空運輸事業を支援するために長期保有する」として、約38万4000株を約1億4800万円で購入。ほかに無償で取得した約7万4000株も保有している。日航株の15日の終値は7円で、県保有株の時価は計約320万円となった。

 株の大半は県営の岡山空港(岡山市北区)の開港前年の87年に購入しており、航空路線確保の思惑もあったとみられる。県財政課は「含み損の額は大きくなっているが、売却するかどうかも含め、当面は状況を注視していくしかない」としている。

 自治体が公有財産として株券を保有することは、地方自治法で認められている。

<坂本龍馬>妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席(毎日新聞)
<食中毒>餅つき会で園児ら154人 東京・杉並(毎日新聞)
奈良・京都またぐ瓦窯跡群 4遺跡一括で史跡指定へ(産経新聞)
<政府税調>「シンクタンク」機能を強化 専門家委の設置(毎日新聞)
雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
[PR]
by aorzx1ffkb | 2010-01-23 05:10


<< <水俣病訴訟>患者会と国など和... 前原国土交通相、24日に八ツ場... >>