呼吸器チューブに穴 女性患者殺害未遂で捜査(産経新聞)

 大阪府豊中市庄内宝町の大阪脳神経外科病院で5月、入院中の女性患者が装着していた人工呼吸器の酸素用チューブに穴が開いているのが見つかり、豊中南署は8日、何者かが故意に開けた可能性があるとみて殺人未遂容疑で捜査を始めたと発表した。容体に影響はなかったという。2年前にも女性の酸素用チューブに穴が開くトラブルが起きており、関連を調べる。

 豊中南署などによると、5月31日午後10時ごろ、病院4階の大部屋に入院中の女性(64)=豊中市=のベッド付近で、「シューッ」と酸素が漏れる音がするのに巡回中の看護師が気づき、チューブに直径数ミリ程度の穴が開いているのを見つけた。この日午前中に技師が検査した際には異常はなく、病院側は6月1日、警察に届け出た。

 捜査関係者や病院によると、女性は平成16年11月から、意識不明の重体で入院。当時から自発呼吸が困難で人工呼吸器を装着していたが、20年10月6日夜にも同じ病室で、今回とは別の型の人工呼吸器のチューブに穴が開くトラブルが起きていたという。人工呼吸器は酸素が長時間漏れた場合は警告音が鳴る仕組みだが、いずれのケースとも、警告音が鳴る前に巡回中の看護師が発見しており、酸素が漏れた量や時間はわずかだったとみられる。チューブの穴は今回と2年前の事例では形状が異なっていた。

【関連記事】
点滴ミス200万円で和解 大阪・泉佐野市の病院
体内に25年間ガーゼ放置 今年1月に摘出 長崎市市民病院で
胸の左右間違え、針刺す 徳島大病院
医療ミスで胎児死亡、西神戸医療センターが心拍モニター外す
「厳しい医療現場に身を置く医師いるはず」 ゆうばり映画祭「孤高のメス」成島出監督
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
<掘り出しニュース>ミツバチ蕨市役所周辺に大群 5000匹駆除(毎日新聞)
<菅首相>官房機密費 使途公開を検討も(毎日新聞)
「一番お金ない幹事長」=民主・枝野氏(時事通信)
<植物>6週間の「記憶力」京大グループ調査(毎日新聞)
[PR]
by aorzx1ffkb | 2010-06-15 16:39


<ママ鉄>ママは鉄道に夢中 子... >>