遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)

 長崎市の伊藤一長前市長が射殺された事件から丸3年の17日、遺族らが事件発生時刻の午後7時50分すぎ、同市大黒町の現場を訪れ、献花し黙とうをささげた。
 現場は長崎駅に近い、雑居ビルなどが立ち並ぶ車の通りの多い場所。歩道上に白い布を掛けた献花台が置かれ、伊藤前市長が好きだったというヒマワリや、白い菊の花が台の上いっぱいに供えられた。遺族や親交があった人たちがじっと手を合わせ、前市長の冥福を祈った。 

【関連ニュース】
広島・長崎に五輪協力申し出へ=第五福竜丸母港の静岡県焼津市

各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)
労働者派遣法 改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見(毎日新聞)
ネット選挙解禁で協議=各党(時事通信)
ニコン、「Wii」と「YouTube」で動画配信、カメラや半導体の技術を紹介
首相動静(4月14日)(時事通信)
[PR]
by aorzx1ffkb | 2010-04-19 22:49


<< ベランダの手すりはずれ、生徒2... 「普天間」で政府 ホワイトビー... >>