「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は2日午前の閣議後の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設を検討していることについて、「鳩山由紀夫首相は国外・県外(に移設する)と強く言ってきた。陸上案はベターではない。私は首相を信じている」と述べ、反対の考えを重ねて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

NPOへ寄付、税額控除式に=首相が検討指示(時事通信)
「宙の会」結成1周年=時効撤廃訴え記念集会−東京(時事通信)
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否(産経新聞)
シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)
<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)
[PR]
by aorzx1ffkb | 2010-03-06 13:00


<< <福島介護施設火災>経営者を書... 防災無線アンテナ誤撤去、津波警... >>